岡田 彩 研究室

English version

これまでの歩み

政府や市場とは異なる領域で活動する組織や個人の行動に関心を持ちながら、「社会学」と「政策科学」のトレーニングを受けてきました。
現在は、社会学の講座に所属し、市民社会論を担当しています。

職歴

2019年4月〜現在 東北大学大学院情報科学研究科
人間社会情報科学専攻 社会構造変動論分野 准教授
2016年4月〜2019年3月 金沢大学国際基幹教育院GS教育系 准教授
2016年3月 金沢大学大学教育開発・支援センター 准教授
2013年4月〜2016年2月 同志社大学政策学部 助教
2015年1月〜2016年4月 京都アメリカ大学コンソーシアム(KCJS)Subject Course Lecturer
2009年8月〜2013年3月 米国ピッツバーグ大学災害研究センター(Center for Disaster Management)研究員
2007年9月〜2016年2月 Edisense翻訳者(社会科学系学術論文・日英/英日)
2005年5月〜2006年7月 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン 開発教育担当
2005年4月〜2006年3月 公益財団法人早稲田奉仕園 国際理解講座 講師

学歴

2013年4月 米国ピッツバーグ大学国際公共政策大学院 博士課程 修了
2008年4月 米国ピッツバーグ大学国際公共政策大学院 国際開発修士課程 修了
2005年3月 一橋大学大学院社会学研究科地球社会専攻 修士課程 修了
2003年3月 慶應義塾大学総合政策学部 卒業

受賞歴

2018年11月 吉田秀雄記念事業財団 第16回助成研究吉田秀雄賞(常勤研究者の部)
瓜生原葉子(同志社大学)・岡田彩(金沢大学)
2018年6月 日本NPO学会第20回年次大会優秀発表賞
2018年6月 日本NPO学会学会賞選考委員会特別賞
論文Okada, A., Ishida, Y., Nakajima, T., and Kotagiri, Y. (2017). The State of Nonprofit Sector Research in Japan: A Literature Review. Voluntaristics Review, Vol. 2(3), pp.1-68.に対する授与
2008年4月 米国ピッツバーグ大学国際公共政策大学院Faculty Award (International Development)
2008年4月 Taraknath Das Foundation Award for a Paper Relating to Asia
2007年11月 Association for Research on Nonprofits and Voluntary Actions (ARNOVA) Emerging Scholar Award

フェローシップ・奨学金

2012年8月〜2013年4月 米国ピッツバーグ大学アジア研究センター Japan Iron and Steel Federation/Mitsubishi Graduate Fellowship
2011年8月〜2012年4月 米国ピッツバーグ大学国際公共政策大学院Dean’s High Merit Fellowship
2006年8 月〜2008年4月 フルブライト奨学金(大学院留学プログラム)

その他研修等

2011年7月 Summer Institute of Civic Studies(米国タフツ大学)
2011年6月 Computational Analysis of Social and Organizational Systems (CASOS) Summer Institute(米国カーネギーメロン大学)
2010年6月 Institute for Qualitative and Multi-Method Research(米国シラキュース大学)